ハクハクにある学習ボード

【何を学ぶ博物館に行きたいですか?】

〔博多にあるおもしろ博物館〕

『ふくや』が作った博物館

先日、博多にある『ハクハク』へ行ってきました。
『ハクハク』は、日本で辛子明太子を開発した『ふくや』さんがつくった『博多の食と文化の博物館』の呼称です。

明太子づくりの工程が分かる工場

工場はガラス張りで通路から見えるようになっており、撮影も自由です。
見下ろす形になるので、明太子作りの工程がとてもよくわかります。
そして通路には、

  • スタッフさんの紹介(それがまた工夫をこらしていて面白いのです)
  • 明太子作りに使われる香辛料の匂い当て
  • スタッフさんたちの服装の紹介(衛生面、安全面)
  • 開発された商品の展示

など、勉強になる工夫がたくさんあって楽しかったです。

ふくや創業者のすごさと素晴らしさ

『ふくや』の歴史も紹介されており、その中で創業者の川原俊夫さんが言った
「元祖と書いて味が良くなるわけじゃない」
「その時々に一番おいしいところがナンバーワンでいい」
という言葉が、格好良いなあと思いました。

川原さんは卸をしない主義だったので、店に置かせて欲しいという人が来ると、
「あんたんとこもつくればいいやろ」
と、作り方や材料の仕入れ先まで教えたそうです。
おかげでたくさんのメーカーが明太子を作り、明太子が福岡を代表する味にまでなったわけですね。
私はまだ観ていませんが、『めんたいぴりり』という映画に、川原さんの生き方が描かれているようです。

博物館とショップとレストランと

『ハクハク』には博物館もあります。

  • 博多にたくさんあるお祭の紹介(3D映像は迫力があります)
  • 食の紹介(うどん・そば、博多ラーメン、水炊き・もつ鍋他)
  • 工芸の紹介(博多織、博多人形、博多ごまなど)

が観られ、その歴史と伝統に圧倒されます。

博多山笠の3D映像
博多山笠の様子。3Dメガネをかけて鑑賞します

My明太子を作る体験工房もあり、自分の好みの辛さで明太子が手作りできます。
今回は時間がなくて挑戦できませんでしたが、これは滅多にできる体験ではありませんね。

ショップには、たくさんの種類の明太子と、博多の美味しいものが並んでいます。
明太子の試食は嬉しいです。
どれも美味しいので、選んで購入するのが難しいのですが。
今回はせっかくなので

  • 『できたて明太子』(明太子もやはり、できたてが美味しいのだそうです)
  • 『ルパン三世』(娘が好きなのでお土産です)とのコラボ商品

を購入しました。

こちらには、できたて明太子の食べ放題もできるビュッフェがあります。
予約が必要なので、出かける方はHPを調べていってくださいね。

様々な気づきを得られる場所

『ハクハク』には、新しくつくっているお店の参考になる考えや工夫がたくさんあり、とても勉強になりました。
入場料は300円(小学生以下無料)で、障がい者、高齢者割引もあります。

あなたは何を学ぶ博物館に行ってみたいですか?

ハクハクにある学習ボード
明太子について楽しく学習できる工夫がたくさん

関連記事

  1. 気の持ちようで心を軽くする

    【気持ちのコントロール法は?】

  2. 借景は日本美の代表の一つ

    【どんな時に想像しますか?】

  3. 学校と地域との連携を

    【子供のためにできることは何ですか?】

  4. iPad大好き

    【どのように学びに活かしますか?】

  5. 視点はグローバルに

    【どんな話を聴きたいですか?】

  6. 学校開放で見えたもの

    【どんな特色のある学校を望みますか?】

  7. 頑張りどきにふさわしい良いスタートをきる

    【どんな目標を立てますか?】

  8. 最新版のノートパソコンは処理能力が違う

    【どんな道具を選びますか?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス