多くの人に届けたくて行ったセール

【どんな情報を人に伝えますか?】

〔伝えたい事を正確に届けるため〕

新ショップへのコンサルティング

ちょっと時間がかかりましたが、ようやく新しいショップができ上がりそうです。

先日、よろず支援拠点(国が設置した経営、操業相談所)でPOPに関わるコンサルを受け、キャッチコピーの作り方、見やすいレイアウト、季節やメッセージに合わせた色選び等を教えていただきました。
本当はセミナーを受講したかったのですが、新型コロナウイルス感染症の影響でセミナーが中止となり、個別相談になったのです。
ところがそのおかげでマンツーマンでセミナー内容を教えていただくことができ、そのうえ、今作っているHP等を見ながら具体的なアドバイスをいただくこともできました。

POP広告に欠かせないもの

大事なあなたへの手紙

POP広告に大事なのは情報性とデザイン性で、特に情報性が重要なのだそうです。

POPといえば以前は、

  • 『20%OFF!』
  • 『どこよりも安い!』

など、価格訴求型が主体だったけれど、最近は情報訴求型に変わってきているのだとか。
たくさんの情報の中で私のお店を見つけてくださった方が
「これは私のためのお店だ!」
と思ってくださるよう、言葉とデザインで訴えていく必要があるのです。

実際のトレーニングの様子

キャラメルポップコーンが安いよ!

そこでまず、情報を整理するところから入りました。

「どんなお店にしたいですか?」
というコンサルタントからの質問に、
「コーヒー用品のお店です。『お手軽』ではなく、味や品質にこだわりたい方向けのマニアックなものを揃えます。業務用のものなども入れる予定です」
と答えると、
「今の言葉がHPに入っていますか?」
とのご指摘。

確かにそんな文言はどこにも入れていません。
頭の中に明確なイメージはあるのに、それがHPに反映されていないことがわかり、自分のイメージを言語化するというのは大事なことだと改めて思いました。

それから、
「この季節は何がお勧めですか?」
などの質問を受け、それに答えていくことで更にイメージを具体化させていくワークを受けました。

次に、出てきた文をブラッシュアップします。
短く簡潔に、リズム感良く(日本人は俳句に見るような5文字、7文字が好きなのだそうです)、否定の言葉を使わず(『腐りにくい』ではなく『長持ちする』というように)、商品イメージに合ったコピーを考えます。


ここまで深めてから、ようやくデザインに入ります。
デザインについては次回お伝えしますね。

あなたはどんな情報を人に伝えたいですか?

関連記事

  1. 長所と短所は裏表

    【自分をどう分析する?】

  2. 両腕用の松葉杖

    【人生にどんな喪失体験がありましたか?】

  3. 歴史文化交流館

    【子供達にどんな体験をさせたい?】

  4. 不安解消のカギは?

    【どんな仕組で対処しますか?】

  5. 押すなよ

    【逆境をどう乗り越えますか?】

  6. 日本のスタバカードは世界中で人気です

    【海外の方にどんなものをお勧めしますか?】

  7. セブの鳥たち

    【どんな支援をしますか?】

  8. ウルグアイの国旗

    【どんなリーダーを望みますか?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス