みんなで歌いましょう

【人生哲学はどんなものですか?】

〔歌うことは美しく生きること〕

参加者みんなで歌う会に参加

先日、観光振興課主催の『八女の音楽の広場』に参加しました。
太宰府在住で八女市観光大使の岩崎記代子さん主導で、参加者みんなで歌う会です。
年に4回開催されており、今回は2019年度最後の広場でした。

会場は文化会館、100名ほど参加していたでしょうか、私の母くらいの年代の方が多かったようです。

歌の前に学問と教養と

まず、令和2年になったということで、岩崎先生の『令和』のお話から入りました。
『命』という字が『令』と『口』からできているということに、教えていただいて初めて気がつきました。。

調べてみると、『令』は儀礼用の帽子を被って神のお告げを聴く姿、『口』は祝詞を入れる器を表しており、『命』には『神のおおせ』という意味があるのだとか。
私たちは神様に、
「役に立ってきなさいよ」
と背中を押されて誕生したのかもしれません。

歌うことは生きること

岩崎さんは
「結局、最後は学問と教養よ」
とおっしゃり、『文選(もんぜん)』(日本文学が大いに影響を受けている、中国南北朝時代の詩文集)の話、ベートーヴェンやシューベルトの逸話、歌の背景なども話してくださいました。

歌は姿勢と呼吸が大事

歌は、姿勢、呼吸が大事だということで、姿勢の正し方(病は背中から来るそうです)、深い呼吸の仕方を習った後、みんなで舌の付け根(首)のマッサージをしました。

舌が硬くなると、しゃべりも声も老化し、食べ物をこぼしたりするそうです。
そういうこともあって、歌を歌うことは老化防止に良いのですね。

岩崎さんの健康法

病気一つしたことがないという岩崎さんの健康法は、

  • 一日12種類の野菜を摂ること
  • 肉もしっかり食べること
  • 乳製品を摂ること
  • 八女茶を飲むこと(さすが観光大使!)
  • パンとインスタントラーメンを摂らないこと
  • 歌を歌うこと
  • 読書をすること(本屋で背表紙を眺めるだけ、本の目次を眺めるだけでも脳に良い刺激が与えられるそうです)
  • 少しだけ昼寝をすること
  • いらいらしないこと
  • できるだけ電化製品を使わないこと

だそうです。
「私は掃除機も、電気釜も、電子レンジも使っとらんよ」
とおっしゃっていました。

愛唱歌の歌集

歌を楽しみ人生哲学を学ぶ場

歌った曲は

  • 『一月一日』をはじめとした童謡
  • 春の歌
  • 岩崎さんが作られた歌(八女の歌も、博多山笠の歌も素敵でした)
  • フォークソング(私の年代でもわかる『若者たち』や『この広い野原いっぱい』)

など。

ピアノを演奏しながら、歌唱指導をしながら、ハモリも歌う岩崎さんの器用さにびっくりしました。
ピアノ伴奏も素晴らしいし、合唱の発声もフォークソングの発声もとても綺麗でした。
「あと20年歌うけんね」
という岩崎さんは何度も、
「人間らしく、自然とともに、自然に生きていこう」
ということをおっしゃっていました。


『八女の音楽の広場』はただの歌う会ではなく、岩崎さんの人生哲学を学ぶ会でもあります。

あなたの人生哲学はどんなものですか?

岩崎記代子さんの音楽の広場日程

関連記事

  1. 【お金のことをどのように学びますか?】

  2. 蝋燭の炎のように倦まず弛まず

    【どのように自分を律しますか?】

  3. 【来年どのように暮らしたいですか?】

  4. 学校の校舎外観

    【教育改革に何が必要だと考えますか?】

  5. カラフルで親しみやすい今の国語辞典

    【どのように言葉を学びますか?】

  6. つながることが重要

    【どのように幸福を追求しますか?】

  7. 将来設計

    【人生を主体的に生きていますか?】

  8. 生活に入り込むカタカナ語

    【どのように意識して言葉を選びますか?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス