自分のタイプを分類に当てはめてみる

【どんなタイプの主人公ですか?】

〔主人公として生きていくために〕

キャラクター作りは分析と分類から

新型コロナウイルスの影響で市立図書館が休館になる前に、たくさんの本を借りてきました。
その中の一冊に『キャラ設定自由自在 すぐにできるキャラクター作り』(エルスウェア編集、美術出版社)があります。

すぐにできるキャラクター作り

もともとは漫画のキャラクターを設定するためのノウハウ本なのですが、絵本づくりにも活かせるかな、と思って借りてみたところ、これが予想外に面白かったのです。特に、古今東西のキャラクターたちを分析し、典型的な14パターンに分けているところ。
小説や映画の主人公も、そして実在の人物も、大きく分ければ14パターンのどこか、または複数にまたがって属する感じなのです。

分類はこんな感じで

例えば、『パターン2 満たされぬ者』は、自分自身も若い頃そうだったし、周りにもそういう人を多く見ます。肉体的、精神的、社会的な欠陥を埋めるため、あるいはより高度な存在になるために、困難に立ち向かうというキャラクターです。

中学生、高校生の頃は、コンプレックスを抱え、不自由な環境を嘆き、日々立ちはだかる人間関係等の壁に立ち向かいながら、
「なんとかこの町を出て自由になりたい。自分の使命を見つけたい」
ともがいていました。これをもっと極端に、あるいは壮大な設定にすると、ヒーローものや成長物語などの作品の主人公になるのでしょう。

この本にはパターンごとにチャートがあり、そこを埋めていきながらキャラクターを作り込んでいくようになっています。
放浪している原因は何か、目的は何か、彼・彼女の満たされぬものは何で、欠けているものは何か、そしてどうなっていくか等々。これは客観的に自分の人生を見て、生き方の分析をする時に、とても役に立つと思うのです。
自分自身を当てはめていくと、

  1. 若い頃は『満たされぬ者』
  2. 教員時代は『囚われの姫』(姫のように美しいという意味ではなく、物理的、社会的、精神的に何かに囚われているものという意味です)
  3. セブ時代は『未熟な後継者』
  4. 現在は『武装する女戦士』になろうとしているところ

でしょうか。

人生の主人公は自分

ちなみにその他のパターンは

  • 『2つの顔を持つ男』
  • 『時空を超えた恋人』
  • 『危ない博士』
  • 『創造主に挑むもの』
  • 『陰に立つ実力者』
  • 『欺く道化師』
  • 『魔法使いの弟子』
  • 『導く賢者』
  • 『双子』(精神的なつながりをもったもの、飼い主と犬なども)
  • 『兄弟たち』(戦隊モノや、仲間、チームも)

です。

自分を主人公に見立ててみる

自分を物語の主人公に見立てて考えてみると、この主人公には主体性が足りないなとか、もっとこうすればいいのに等、自分の足りない部分が見えてきます。
思いがけず興味深い本に出会え、充実した読書タイムを過ごしました。

人生を物語にすると、あなたはどんなタイプの主人公ですか?

関連記事

  1. まるで底なしの柄杓を使い続けるように

    【底なし柄杓を使い続けられる?】

  2. 心の込もったやり取り

    【どんな物や事をシェアしたい?】

  3. 感情コントロールは自分自身で

    【感情をどう制御しますか?】

  4. 出番を待って待機する乗合タクシー

    【どんな政策がありますか?】

  5. 【あなたの強みは何ですか?】

  6. 学校の校舎外観

    【教育改革に何が必要だと考えますか?】

  7. 台風対策に窓を固定する

    【自然災害にどのように備えますか?】

  8. 誰もいなくなった教室

    【感染拡大にどう対処しますか?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス