最近不審者情報が多くて外を歩くのが怖い

【不審者情報が多くて怖い】

『2019.5.8の相談〜不審者情報が多くて怖い』

セキュリティ会社の調べによると、13歳未満の子供が被害者になる事件は減少傾向にあるそうですが、誘拐事件は減少していないそうです。
そして事件の6割は、帰宅時や通学時に起こっているとのこと。

通学時の防犯については、学校の防犯教育でも行なっていると思いますが、帰宅時の対策は意外にできていないかもしれません。
最近は共働き家庭が多く、子供が家で一人でいる機会も多いので、日頃からの対策が必要だと思います。

 

《親子の会話例》
(大人)今日はお母さん、帰りが遅くなるけど大丈夫?
(子)うん。夕飯さえ用意しておいてくれたら大丈夫。
(大人)練習から帰ってきて家に入る時、ちゃんと周りを確認してね。
(子)うん。防犯ブザーを手に持って帰るよ。
(大人)家に入ったらちゃんと鍵をかけるんだよ。人が来ても開けなくていいからね。
(子)うん。わかった。
(大人)帰宅したら電話ちょうだいね。
(子)わかった。

 

家や家の周りの防犯対策はできているでしょうか?今は強い鍵や補助鍵の他、センサーライト、防犯カメラなどたくさんの防犯グッズがあるので、家の状況に合ったものを見つけてください。防犯対策をしているということがわかるステッカーも有効だそうです。

家の周りの停車中の車で子供の帰宅を待っている、子供が家のドアを開けた時に押し入る、留守番電話で一人なのを確認する、訪問者のふりをするなど、不審者は様々な手口を使ってくるので、お子さんと一緒に
「こういう場合はどうする」
という話を、しっかりしておきましょう。

不審者情報が多くて外を歩くのが怖い子へのアドバイス

メルマガ【幸せ言葉教育】の申込はこちらから

関連記事

  1. 宇宙飛行士になりたいのにみんな無理だって言う

    【宇宙飛行士になりたいのにみんな無理っていうの】

  2. 【自分で会社をつくるのは無理?】

  3. 整理整頓ができない

    【どうやって片付ける?】

  4. 血液型で性格は決まるの?

    【血液型で性格が決まるの?】

  5. いろんな賞があるのにもらったことがない

    【賞をもらったことがない】

  6. 【クラス替えの不安をどうすればいい?】

  7. 友達に嘘ついちゃったどうしたら許してもらえる?

    【嘘をついてしまったのを許してもらいたい】

  8. あきらめるのが早いって言われる

    【あきらめが早いって言われるんだけどどうしたら続けられる?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス