time-is-money

【隙間時間をどう使いますか?】

〔効率化というよりは濃密化を〕

時間がもっとほしい

効率化を図り時間を生み出す

最近は1日のほとんどを貿易ビジネスに使っています。
本当なら22時から23時には就寝したいところなのですが、21時頃になって始めた作業が終わらず、結局日をまたいでやり続けてしまうこともあります。
久しぶりに
「時間がもっと欲しい!」
と思っています。

も時計で測れる時間というのは1日24時間しかありません。
誰にでも平等に24時間あります。
もしかしたら、世の中のあらゆる事象の中で、唯一平等なものかもしれません。

無駄な時間が増えても無意味

時間の使い方を見直してみる

「時間がもっと欲しい!1日が24時間よりも長ければ良いのに」
と思ってしまいがちですが、実は1日がもっと長ければ、無駄な時間が増えるだけなのかもしれません。
時間をどう使うかは自分次第で、この一瞬一瞬の判断で、自分が人生の目標に近づくか、遠のくかが決まってきます。
そう考えると、その時間をいかに有意義なものにするかは、人生そのものだといえるのではないでしょうか。

筆家のアーサー=ブリスベンの哲学は『残りの時間を最大限に活用する』だったそうです。
彼の言う『残り時間』とは隙間時間のことです。
私たちは毎日、やるべきことや決まっていることを行っていますが、その隙間の時間をいかに使うかで人生が変わると考えたわけです。

自身の時間割を見直す

パソコンはカタカナ語
「“セーブ”ってどう説明する?」

というわけで、私も自分の時間割を見直してみました。
私の場合、5時に起床してからメルマガ等を書き始めるまでの1時間、夕食後から仕事を始める20時までの時間の中に、宝物のような隙間時間が隠されているようです。
また、隙間時間ではありませんが、午後の仕事は効率が落ちるので、ここを改善したいなと考えています。

あなたは隙間時間をどのように使いますか?

関連記事

  1. 今の厳しい状況を転じていくためには

    【どのような影響がありますか?】

  2. 私のやりたいことは

    【子供たちに何を伝えたいですか?】

  3. 一緒に進む学び

    【この構想に何を望みますか?】

  4. 市場調査

    【どんな人達と繋がりますか?】

  5. 【何にエネルギーを注ぎますか?】

  6. 一人一台教育用端末が不可欠な時代に

    【一人一台教育用端末はどうですか?】

  7. 地球を美しいまま次世代に伝えよう

    【スピーチから何を考えますか?】

  8. つながりの輪を大切に

    【どんなつながりを意識しますか?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス