猫も疲れてぐったり

【ゴールはどこにありますか?】

〔万人に共通の幸せはない〕

見た目の成功≠求めている成功

先日、私から見ると大成功している方とお話をする機会がありました。
その方は物販で成功されて、それを発信していくつものスクールやコミュニティを作り、それらを人に渡して、自分で動かなくても利益が入る仕組みを作りました。
それは私が目指している『成功』だなと思うのですが、その方は自分にとってはまだまだ『成功』ではないとおっしゃっていました。
時間やお金は自由になるけれど、各事業にまだ責任が伴っているので、自分が目指す『成功=完全な自由』ではないのだそうです。

幸せそうだが私の目標とは違う

楽園そのもの幸せの象徴

セブに住んでいる時、アパートと会社を歩いて往復した時期がありました。
大通りに面したアパートから、リゾートホテル敷地内にある会社まで、舗装されていない道をゆっくり歩いて15分。
間にはスラム街の家よりは少しマシな程度の簡素な家々があり、現地の方の生活がよく見えました。
昼間からビリヤードや闘鶏をして遊んでいる大人たち、泥んこになって遊んでいる子供たち。
セブは温暖だし、果物も魚介類もとれるから、働かなくても凍えたり、飢えたりすることはないのだとか。

本当に楽しそうな、日本ではあまり見かけないような笑顔を見て、
「幸せそうだなあ」
と思いました。何を幸せと感じるかは人それぞれですが、少なくともセブのあの通りに住んでいた方々は、私の目にはとても幸せそうに見えました。
でも、自分がそういう生活に満足できるかというとそんなことはなく、もっといろんなことを見聞きして未知の世界のことを知りたいし、仲間たちと協力して何かをつくりあげる達成感も味わいたいです。
将来的にはお金や時間から自由になり、それらを使って世の中に貢献したいとも思います。

すでに与えられている恵み

そういう意味で、この時お話をした方の人生は私にとって、『成功』のお手本です。
この方は、
「自分には突出した才能があるわけではないし、誰にでも才能はある」
「違いは、もっている才能を発揮できるかどうか」
とおっしゃっていました。
私は平均的な読み書き計算ができ、ちょっぴりの理解力と思考力があります。
加えて、素晴らしい環境の中にあり、私を理解し協力してくれる家族もいます。
これらの恵みを活かさない手はありません。

どこに幸せの中心を置くか

幸せ見つけた

心理学者のマーチン・セリグマンは、
「幸せ感には『普通の幸せ』と『真の幸せ』があり、後者は自分の能力を発揮する機会を与えられたり、大切だと価値をおいている仕事に携わったり、または自分にとって意味がある課題に取り組んだりして、自己充実を感じるときに感じる幸せ感だ」
と言っています。
まさに今の私は、『真の幸せ』を感じつつ、『成功=ゴール』を目指しているところです。


あなたにとっての『成功=ゴール』はどこにありますか?

関連記事

  1. 出番を待って待機する乗合タクシー

    【どんな政策がありますか?】

  2. 業務委託を大募集中

    【何を業務委託しますか?】

  3. 北海道の味覚代表イクラ

    【どのような支援を考えますか?】

  4. 大事な記念日には相応しい贈り物を

    【大事な記念日をどう過ごしますか?】

  5. 大いなる愛

    【愛について考えてみませんか?】

  6. iPad大好き

    【どのように学びに活かしますか?】

  7. 狭くなった世界

    【どう国や世界と関わりますか?】

  8. 集団からの疎外感

    【ハラスメントにどう対処する?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス