移動黒板

【どのように先生たちを応援しますか?】

〔いよいよテレビでも先生問題を扱う〕

先生たちを応援する番組

『松岡修造の”聞いて下さい!先生も悩んでます”』を観ました。

「先生たちを応援する番組が放送される」
という情報を得て、予告情報を探したところ、
「先生たちの悩みを調査し、再現ドラマで紹介」
という番組とのこと。

しかも、そこに書かれていたのは
「教育の現場を変えないと」
「国が支えていかないといけない」
「先生の人間性やボランティア精神に支えられていて、システムとしては崩壊している」
といった、普段から私が発信している内容だったので、これは観なければ!と思っていたのです。

教室
教室は学校で行われる教育活動の根幹です

教師の事情は知られていない

感想は、思った以上に教師の事情は知られていないんだなということ。

それを広めてくれたのは、とてもありがたいなと思います。

  • スマホを巡る問題(子供間のいじめ、ママ友間のいじめ)
  • 運動会の問題(親のマナーの悪さ)
  • 給食の問題(教師の負担、給食費未納問題)

等、よく実態の一部を表していました。

ツイッターで私が一番目にする部活動の問題では、

  • 部活未亡人(私もそうでした!配偶者を部活指導にとられ、休日も一緒にいられない実態があります)
  • 部活離婚(実際に同僚夫婦も生活時間のすれ違いが原因で離婚しました)
  • 部活未婚(ただでさえ外部との出会いがない仕事なのに……)

等、初めて聞く単語も出てきました。
本当に一部ではありますが、よくぞ話題にしてくれた、という感じです。

番組の狙いは本当に“応援”なの?

ただ、出演された先生方がおとなしすぎて、
「もっと本音で話してほしいな」
と思いました。

きっと実名出演ではあれが限界だったのでしょう。
それと、テレビ番組だから仕方ないのでしょうが、ポジティブに終わらせようとして、最後で台無しになっちゃったなということ。
それまで
「先生ってそんなことまでしてるの?」
「先生の仕事多すぎ」
「もっと教育予算をつけるべき」
「司法等が入るべき」
というような流れだったのに、

先生たちが
「大変だけど、それを上回る喜びややりがいがある」
と言い、番組はそれを受ける形で
「先生たちは大変だけど頑張っている。みんなで応援したい」
で締めくくられてしまいました。

これでは先生の実態から来る問題について
「大変そうだけれど、それ以上にやりがいを感じているんならいいんじゃない?」
と思われかねません。
「先生を応援する」
というのが、
「今のシステムのままで頑張ってね」
というのであれば、がっかりです。

黒板
今日一日で,どれだけ黒板は活躍したのでしょうか

教育現場の実態を知る良い機会

この番組を観て、『モラルの低い親』が自分の言動を改め、マナー良く学校と付き合ってくれるようになるとは思えませんが、実態を知ってもらうきっかけにはなったのではないでしょうか。
こういう発信が増えていくことを望みます。


学校教育の問題は、教師、保護者だけでなく、国全体の問題だと思うので、私も教師の実態、学校教育の改革についてもっと発信をしていこうと思いました。

あなたはどのように先生たちを応援しますか?

関連記事

  1. iPad大好き

    【どのように学びに活かしますか?】

  2. まるで底なしの柄杓を使い続けるように

    【底なし柄杓を使い続けられる?】

  3. 集団からの疎外感

    【ハラスメントにどう対処する?】

  4. 新たなステージへ進む準備はできましたか

    【変化にどう対応しましたか?】

  5. 毛筆各種

    【どんな教育が取り入れられそうですか?】

  6. 今後を冷静に考えて複数の想定をする

    【今後をどう想定しますか?】

  7. お互いを信頼しあう関係の構築が必要

    【どのように信頼関係を築きますか?】

  8. 【どのようなイベントに参加したいですか?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス