良いアイディアを思いつく

【どんなアイディアがありますか?】

〔コロナ禍を嘆くだけではなく〕

レシピのダウンロードサービス

新型コロナウィルス感染症は日本だけを見ていると収まってきたかのように見えますが、世界的には拡大が続いています。
日本も新たな集団感染が起こる可能性を拭いきれず、まだまだ油断はできない状態です。

そんな中、ニューヨークで始まった『family meal』の話を聞きました。
これは、飲食店が行っている寄付型レシピダウンロードサービスで、特設サイトに掲載されている実在の飲食店に寄付をすると、レシピがダウンロードできるというもの。
この仕組みによって飲食店は資金を確保でき、デリバリーやテイクアウト時の接客で感染するリスクもなくなります。

少し前に『ザ!鉄腕!DASH!!』というテレビ番組で、カレー作りの様子を放映して、多くの人々がそのレシピでカレーを作ったということがありました。
普段はできない手の込んだ料理を作ったり、新メニューに挑戦したり、家族で料理を楽しんだりするのは、在宅期間中の健全な過ごし方といえるのではないでしょうか。
今回は、好きなお店の料理を自分でも作ってみることができるので、寄付をする方々も喜ぶことでしょう。

心にゆとりを持ちましょう

もちろん、お店にとってレシピは財産ですし、プロの技は真似できないし、お店では一般家庭にはない調味料等も使っているでしょうから、そのまま公開はできないと思いますが、簡易版やオリジナル版を紹介してもらえるだけでも嬉しいですね。
使用する調味料をセットにしてレシピと共に販売したり、テレビで行っていたように動画配信をしてみんなで作ってみたりするのも良いかもしれません。

必要は発明の母

料理といえば日本でも、食事を提供できなくなった子ども食堂が子供向けにお弁当をテイクアウトにしたり、カラオケ店や飲食店が子供向けに料理を振る舞ったり、コンビニエンスストアが学童施設におむすびを提供したりと、様々な取り組みがなされましたね。

これまで当たり前にやってきたことに制約を受けた時、人は必要にかられてアイディアを生み出すことができるのかもしれません。
ただ、レシピを作ったり、テイクアウトの仕組みを作ったりするのにも時間がかかるので、その間の支援は必要だと思いますが。


新型コロナウイルス感染症の再拡大という最悪の想定をした時、どのような活動ができるかを私も考えておきたいと思います。

あなたにはどのようなアイディアがありますか?

様々な観点から最適解を導く

関連記事

  1. 大阪駅近郊

    【海外の方々とどんな交流をしたいですか?】

  2. フードロスは大きな問題

    【どんなフードロス対策をしますか?】

  3. パンデミックに備えて

    【どんな教訓を得ますか?】

  4. 業務委託を大募集中

    【何を業務委託しますか?】

  5. 長所と短所は裏表

    【自分をどう分析する?】

  6. 人生のステージを上がろうとする時

    【ステージをいつ上りますか?】

  7. お互いを信頼しあう関係の構築が必要

    【どのように信頼関係を築きますか?】

  8. アナログもディジタルも

    【どんな文章を書きますか?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス