【スイーツは体に悪い?】

『2019.3.12の相談〜スイーツは体に悪い?』

3月12日は『スイーツの日』だそうです。
私はセブ島から日本に帰国した時、嗜好品の豊富さに驚きました。特にスイーツは見た目が可愛らしく、素敵なキャッチコピーがつけられ、季節限定などの工夫がされていて、甘いものが好きでなくても購買意欲がそそられます。

子どもにも、スイーツ好きな子が多いと思いますが、糖分や添加物などが気になるところです。

 

《親子の会話例》
(大人)今日のおやつは春のスイーツだよ。
(子)わあ、いちごだ。大好き!
(大人)可愛くて食べるのがもったいないね。
(子)でも食べるんでしょ?
(大人)もちろん。手作りで甘さ控えめなんだって。
(子)イチゴが酸っぱいから、クリームが甘く感じる。美味しいね。
(大人)旬の食材を使ったスイーツっていいよね。
(子)うん!エネルギー補給もできたし、庭でもうひと練習してこようかな。
(大人)補給したエネルギー、勉強には使わないのね。

 

スイーツはおやつとして食べますが、子どものおやつは、質、量、タイミングが大事ですね。お子さんの生活スタイル(スポーツをしているなど)や体質に合わせ、適切なものを選んであげたいものです。

糖分も、種類を考えたり、摂りすぎに気をつけたりすれば、楽しみの一つになりますね。
育ち盛りのお子さんの栄養補給になるようなものを、間食として適度な量、空腹を感じるタイミングに合わせてとれるようにしましょう。自己管理ができるようになるまでは、大人の協力が必要になると思います。

昨今は健康やアレルギーなどに配慮したスイーツも出てきて、選択肢も増えました。ぜひ上手にスイーツを楽しんでください。

メルマガ【毎日しあわせ人生教育】の申込はこちらから

関連記事

  1. 【苦手な友だちと付き合わないとダメ?】

  2. みんなと同じように行動できない

    【みんなと同じように行動できない】

  3. どうしたら本好きになれるのかな?

    【どうしたら本を好きになる?】

  4. 担任の先生が苦手だけど選べない?

    【先生が苦手なんだけどどうしたらいい?】

  5. 【苦手な匂いをどうすればいい?】

  6. 親が私立中へ行けって言うけどいやなの

    【私立中学校に行きたくない】

  7. 誕生日プレゼントをどうやって選ぶ?

    【友だちへの誕生日プレゼントを何にしよう?】

  8. 【お金持ちになるにはどうすればいい?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス