北海道の味覚代表イクラ

【どのような支援を考えますか?】

〔様々な貢献のカタチ〕

FM八女で話したこと

FM八女も聴くことができる防災ラジオ

先日、地元のラジオ番組に出演しました。
自分の話よりは、『八女大好き!』が前面に出ていたようで、娘に
「八女が好きすぎておかしい人になってたよ」
と言われました^^;

その番組の最後でパーソナリティに
「リスナーへメッセージをください」
と言われ、私が言ったのは
「世界中が大変な時で、ネガティブな情報ばかり入ってきます。自分からポジティブな情報を取りにいきましょう」
ということでした。

広がる様々な支援と我が家の場合

世界中で、支援の輪が広がり、様々な貢献の仕方が学べます。
こんな状況の中でも、人間同士助け合えるって良いな、と温かい気持ちになります。

我が家でも、何か貢献できることはないかと考えて、手始めに北海道の支援をすることにしました。
私たち家族が一番長く住んだ懐かしい北海道は、最初の段階で新型コロナウイルス感染症が広がり、苦しい状況に陥りました。北海道一の歓楽街ススキノでも、経営が立ち行かなくなり、お店をたたんだ飲食店が50店舗ほどもあるそうです。
今回は新千歳空港にお店を出しているお土産屋さん『北海道お土産探検隊』が、各地で中止になってしまった物産展用の商品を、『ふっこう復袋(福袋)』として売り出したというので、購入しました。

このお店ではお客さんが4分の1から5分の1くらいまで減り、苦しい状況だそうです。同じように苦しい思いをしているメーカーさんや生産者さんのために作られたのが、この『ふっこう復袋(福袋)』です。
冷凍で送られてきた箱の中には、北海道で親しんだメーカーの商品や、北海道らしい海産物、乳製品などが入っており、家族で
「懐かしいね!」
を連発しながら冷凍庫にしまいました。
その日のうちにコマイ(タラの一種)を焼いていただき、食後に果物がのったカタラーナをいただきました。
どちらも美味しかったです。

北海道ならではのスイーツ

できる支援をできる時できる分だけ

私たちが毎年利用しているニセコの小柴ファームは、
「経営は苦しいけど野菜の成長をとめることはできない。経費がかかるばかりだから作業をやめる仲間もいるが、自分は育て続ける」
と言っていました。

全世界に苦しい状況にある人たちがいて、自分の力で大きな支援はできないけれど、ご縁のあったところから少しずつ、できることをしていきたいと考えています。

あなたはどのような支援を考えますか?

関連記事

  1. マクタンニュータウン

    【どんな経験をしてきましたか?】

  2. 一緒に進む学び

    【この構想に何を望みますか?】

  3. お気に入りの本は子供の数だけある

    【どんな本を紹介しますか?】

  4. 言葉についてのマインドマップ®

    【どんな専門家のお話を聴いてみたいですか?】

  5. 楽しく予想をしてみる

    【どんな予想を立てますか?】

  6. 地球温暖化がもたらす悲劇

    【気候変動にどう取り組みますか?】

  7. サザンクス筑後の外観

    【どのように将来への心の準備をしますか?】

  8. 心の込もったやり取り

    【どんな物や事をシェアしたい?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス