機体と通路の連結

【どんな職業の人に学びたいですか?】

〔職業体験の学習〕

夫の講演会のために、一緒に東京に行きました。
私たちはいつもANAを使っており、障害者手帳1級を持つ夫への手厚いサポートに感謝をしているのですが、そのANAが学校で出前授業をしていました。

ANAの授業は体験学習

『ANA Blue Academy ミライつく〜る』という、ANAの授業があると聞いた時に私が思い浮かべたのは、キャビンアテンダントさんによるマナーやコミュニケーションの学習でした。
けれども実際は、飛行場に関わる5つの仕事について、体験を通して考える、次のようなものでした。

  1. パイロット
     フライトプランを考えよう
     航空管制官との交信を体験しよう
  2. 整備士 
     本物の飛行機の部品を整理しよう
  3. グランドハンドリングスタッフ 
     飛行機が飛び立つまでに必要な仕事を考えよう
     マーシャルになって飛行機を誘導しよう
  4. キャビンアテンダント 
     お手伝いが必要なお客様の対応を考えよう
     ライフベストの着用方法を説明しよう
  5. グランドスタッフ
     機内持ち込みができないものを見つけてお客様への伝え方を考えよう
     チェックインカウンターでのお客様案内を体験しよう

飛行機に関わる仕事というとパイロットやキャビンアテンダントが目立ちますが、一機の飛行機を動かすには多くの方の力が必要だということがよくわかります。

ジェットエンジン

子供が夢中になりそうな内容

それぞれの内容からは、

  • 人の命を預かることへの責任
  • 安全について考えること
  • 効率的に働くこと
  • チームで協力して動くこと
  • お客様とのコミュニケーションのとり方

等、どんな仕事にもつながる大切な学びが得られそうです。

飛行機の部品を整理する整備士体験は、機械好きの子供の知的好奇心を刺激するでしょう。
手話やクロックポジション(視覚障がいの方へ位置情報を知らせる方法です。「8時の方向にグラスがあります」というように、時計の短針にたとえて知らせます)について学ぶグランドスタッフ体験、キャビンアテンダント体験は、お手伝いが必要な方に気づく経験になるでしょう。
子供だけでなく、共に学ぶ教師にとっても、良い学習の機会になるのではないかと思います。

機体の牽引

飛行場に限らず将来に役立つ学習

『ANA Blue Academy ミライつく〜る』の担当者さんは、子供たちへのメッセージの中で次のように言っています。
「今の努力は必ず未来につながります。仕事体験を通し、仕事のやりがい、仲間と支え合うことの素晴らしさを伝えます」

それがたとえ飛行場に関わる仕事でなくても、将来どのような方向に進みたいのかを考えたり、人の役に立つ仕事をする意義を感じたり、将来のために具体的にどのようなことを学べば良いのかを知ったりする、子供たちにとってとても良い機会になったと思います。

ANAスタッフたちの素晴らしい仕事を直に学べる機会があった学校を、羨ましく思いました。


こういう学習は学校の中だけではできない、生きた学習だと思うので、ぜひ多くの学校で様々な職業の方に入っていただく機会をもつと良いなと思います。

あなたはどんな職業の人に学びたいですか?

関連記事

  1. 長所と短所は裏表

    【自分をどう分析する?】

  2. 小さな変化を見逃さないで

    【どんな気づきがありましたか?】

  3. 出番を待って待機する乗合タクシー

    【どんな政策がありますか?】

  4. 新年度に心躍らせて

    【学校の状況はどうですか?】

  5. ロシア語

    【どんな国に興味がありますか?】

  6. ハリネズミも映画鑑賞

    【おすすめの映画作品は何ですか?】

  7. 講演会終了後に記念撮影会

    【どんな仲間と活動したいですか?】

  8. 私のやりたいことは

    【子供たちに何を伝えたいですか?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス