学校の校舎外観

【教育改革に何が必要だと考えますか?】

〔教育立国フィンランドに学ぶ〕

毎年学びに行く価値のある国

 

私の知り合いに、毎年個人的に、フィンランドに視察に行っている先生がいます。
フィンランドといえば福祉国家として有名ですが、前に書いたPISA(OECDが進めている国際的な学習到達度に関する調査)でも高い評価を得ています。
その秘訣を勉強しに行っているわけです。
私も教員時代に『フィンランド・メソッド』を学びました。
その時に勉強したものの一つが、今は日常的に使っているマインドマップです。

猫もお勉強

教育立国を決意した北欧の国

フィンランドで大きな教育改革が始まったのは1968年という事ですからちょうど私が生まれた頃のこと、52年前!です。

  1. もてる資源のほとんどを教育に注ぎ込むこと
  2. 性や家庭の背景や経済的なことに関係なく、万人が教育を受けられること

をすべての政党が一致して決断したそうです。

教育立国フィンランドの徹底ぶり

ですからフィンランドでは、親の就労状況に関係なく、0歳から保育園に通うことができます。
保育が必要な全ての子どもに保育施設を24時間確保することが、自治体の義務なのだそうです。

また、フィンランドは初等教育から高等教育まで、学費だけでなく、昼食代も健康保健も交通費も教材費も無料です。

日本の学習指導要領にあたるものは3分の1に削減され、教科書の検定は廃止されました。

教師は博士号の資格が必要で、現在、教員は多くの人が憧れる人気の職業のようです。
教員の1週間の労働時間の合計は『31.6時間』という結果が出ており、日本の『50時間以上』とは大きく違います。
教師の役割は子供たちの

  • 『やる気を引き出す人』
  • 『助言者』

で、特別支援教育も手厚いと聞きました。

教師は憧れの職業

主体性と好奇心と自ら考える力

テストは穴埋め式ではなくて論文形式が多く、論理的な作文の書き方を普段から学習しています。ほとんどのテストで時間が決められておらず、じっくり考えて納得のいく作文を書くことができます。

1クラスの人数が少なく、学校もほとんど小規模で、授業日数も宿題も少ないそうです。
そのかわりに、読書量が圧倒的に多いのは、主体性と好奇心が育まれていることを表しているように思います。

友人は子供たちの質問力の高さに驚いていましたが、フィンランドでは
「どのように生きたいか」
ということを小さいうちから考えるということなので、当然かもしれません。

そしてそれが、人生を自分らしく生きるために必要なことを、自分の意思で学ぶという姿勢につながるのでしょう。

体育館で遊ぶ子供たち

日本教育改革のお手本に

もちろん、フィンランドの教育にも地域や学校によって差はあるでしょうし、100点満点ということはないと思いますが、日本の教育改革のお手本になることは多いなと思いました。


あなたは日本の教育改革に何が必要だと考えますか?

関連記事

  1. 【どんなことを人に教えてあげますか?】

  2. ハリネズミも映画鑑賞

    【おすすめの映画作品は何ですか?】

  3. 夢実現に向け順番にステップを踏んでいく

    【どんな作戦がありますか?】

  4. 心のコンディションはいかがですか

    【どんな職場環境を望みますか?】

  5. 日本のスタバカードは世界中で人気です

    【海外の方にどんなものをお勧めしますか?】

  6. 毛筆各種

    【どんな教育が取り入れられそうですか?】

  7. アナログもディジタルも

    【どんな文章を書きますか?】

  8. オンラインスクールはパソコンで利用

    【オンラインでどう活動しますか?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス