ものの捉え方を変えると気づきも変わる

【環境を変えることよりも大切なのは自分自身のあり方を変えること】

手っ取り早く済ませたいと考えてしまうと結局は回り道に

〈環境が変わることが幸せのカギなのか〉

もうすぐ今年度が終わるので、
先生たちから異動の話題が出始めています。

そういえば私は教員時代、
この時期になると

「校長先生が退職するから
来年度はきっと職員室が変わるぞ\( ˆoˆ )/」

「異動できるから楽しみ!
やっとこの学校から離れられる」

などと考えていたなあ
と思い出します。

つまりこの頃は、
環境が変われば今より幸せに過ごせる
と思っていたのです。

〈結婚→離婚を繰り返しても幸せになれない事例〉

そんなことを考えていたら
知り合いの息子さんのことを思い出しました。

彼は結婚しては離婚して、を繰り返していました。
ですから、はじめのうちは
「うちの息子バツ1なのよ」
「あの歳でバツ2よ」
と言っていた知り合いも、
もうバツ何だかわからない状態です。

一方、息子さんは
「今度の人とは幸せな生活を送れる」
と結婚しては、
「やっぱり合わなかった……」
と離婚します。

だから知り合いは、
「結婚するたびに状況が悪くなるの。
最初の結婚が一番マシだったかも」
と嘆いています。

つまり、要するに息子さんは
「自分に合う女性と結婚すれば幸せになれる」
と思い込んでいるようなのですが、
私が考えるに、このままではおそらく
何度結婚しても同じ問題が起きてくることでしょう。

視点が低いときに見える景色

〈目先の新しさが幸せにつながらない理由〉

これらの例のように職場も同じことで、
環境が変われば新鮮さなどがあって
一時的には状況が良くなったように感じることがあります。

でも、職場が変わっても、
仕事内容が変わっても、
結局どこでも同じような問題があらわれていました。

なぜかというと、それは自分自身が変わっていないから。

  • もっと幸せになりたい!
  • 人生のレベルを上げたい!

と思ったら、
自分のあり方を変えることです。

よく例えられることを挙げてみると、視点の高さについてというものがあります。
これはよく登山に例えられますが、
自分が山の2合目にいるとしたら、
下を眺めてもその高さからの景色しか見えません。

でも4合目まで登れば
さっきは見えなかったところまで見えるようになります。

それらと同じように6合目、8合目と登っていくにつれ、
見えてくる景色がより広がっていきます。

視点が上がると見えてくる景色

〈ものの捉え方を変えると見える景色が変わり気づきも変わる〉

上の例を実際に当てはめてみると、自分のものの捉え方を変えてみるという提案に繋がります。

すなわち、

  • 「この人とは合わない」とだけ思っていたけれど、
    「合わないからこそ学べるところがある」
  • 「合わないけれど、そういう人もいるよね。
    いろんな考え方を受け入れられる自分になろう」
  • 「合わないところもあるけれど、合う面もある」

などと、
様々な気づきを得られるようになるかもしれません。

また、
「気づかせてくれてありがとう!」
と相手に感謝をしたり、
「気づいた自分、えらい!」
と自分を褒めたりしていると、
自然と周りの雰囲気も変わってきて、
視点も変わってきます。

今日の話をまとめてみると、
言い訳にしている環境のあれこれよりも、
自分のものの捉え方、あり方、視点が大切
というお話でした。


こういう考え方は
わかっていても気がつくと元に戻っているもの。

習慣になるまで一緒に続けるプログラム、
『感情コントロール 2ヶ月通信講座』はこちらから。

関連記事

  1. 積木で知育教育

    【何に熱中していますか?】

  2. ラタトゥイユ

    【どのような思いで料理を口にしますか?】

  3. 経費を計上するのは重要な業鵜

    【会社の健全な経営のために全てを数値化、具体化する】

  4. 【LGBTについて知っていますか?】

  5. 脳と心の状態は関連がある

    【私が知らなかった脳の特徴は驚きで満ちている】

  6. いつまでも仲良く

    共に歩む仲間

  7. 常に幸せな状態を維持する

    【周囲の出来事をプラスに捉えられるためにすること】

  8. 過去も未来も変えられる

    【過去も未来も変えられるが“今”の価値を忘れないようにする】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス