【おじいちゃん孝行するべき?】

『2019.3.8の相談〜おじいちゃん孝行するべき?』

『祖父母孝行は親孝行』という言葉を聞いたことがあります。自分の子どもが自分の両親を大切にしてくれている姿は、嬉しいものです。
でも、だからと言って、
「おじいちゃんが喜ぶから~してあげなさい」
と押し付けるのは、子どもにも両親にも迷惑なお話。

「祖父母が喜んでくれて嬉しいから、もっと何かしてあげたい!」
と思って自然にやってくれるのが一番ですね。
私には孫がいませんが、孫というのはそれは可愛い存在のようですから。

 

《親子の会話例》
(大人)今度の日曜、試合ないからおばあちゃん家に行こうか。
(子)うーん。
(大人)あんまり乗り気じゃないね。
(子)おばあちゃん、何回も同じ話するし、おばあちゃんち、遊ぶものなくて退屈なんだもん。
(大人)まあね。じゃあ、やめとく?
(子)でも、行くと喜んでくれるからなあ。どうしようかな。
(大人)まあ、考えといて。
(子)行こうかな。おばあちゃんに顔見せたら、チロの散歩に行くよ。
(大人)わかった。おばあちゃんに「行くよ」って電話しよう。

 

私の母は私の娘のことを
「天使」
と呼びます。母にはうちの娘が、たいへん美しく、優しく、清らかな存在に思えるようです。
娘と一緒に介護施設に会いに行くと、
「天使が舞い降りてきてくれた。見てるだけで幸せな気持ちになる」
と喜んでくれます。好きなお花をプレゼントされるよりも、好物のお寿司を食べに行くよりも、孫の姿を見ることの方が幸せなようです。

こんなに手放しで愛してくれ、それを表現してくれる存在というのはなかなかいませんね。
でも、それを重荷に感じたり、恥ずかしく思ったりするお子さんもいることでしょう。

本人が行きたがらないようであれば無理をさせず、お子さんの写真を持って行って孫の話をし、お子さんにはおじいちゃんがどれだけ喜んだかを伝えればよいと思います。

メルマガ【毎日しあわせ人生教育】の申込はこちらから

関連記事

  1. 何をやっても三日坊主

    【なんでも三日坊主なんだけどどうしたら続くの?】

  2. 嫌な係になっちゃった

    【嫌な係になっちゃってどうしよう?】

  3. 【苦手な友だちと付き合わないとダメ?】

  4. 私って変わってる?

    【私って変わってる?】

  5. 優柔不断って言われるのどうすればいい?

    【優柔不断なのをどうしたらいい?】

  6. 【失敗した時どうする?】

  7. 【スイーツは体に悪い?】

  8. 【向上心って何?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたに毎日届くメルマガ

5分で読める子供と教育
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス